弁護士紹介

弁護士・弁理士鎌田 邦彦Kunihiko Kamada 大阪事務所

ダイヤルイン
TEL06-7669-8932

経歴

  • 1987年3月京都大学 法学部 卒業
  • 1989年10月司法試験合格
  • 1992年4月司法修習修了(44期)
  • 弁護士登録(大阪弁護士会)
  • 1993年3月弁理士登録
  • 1998年4月鎌田法律特許事務所 開設(~2008年1月)
  • 2008年1月弁護士法人第一法律事務所

公職その他の活動

タカラバイオ株式会社 社外監査役(平成28年6月より現在)
名城大学非常勤講師

近時の主なセミナー・講演活動

2014年11月11日  DLA Piper LLP、特許業務法人深見特許事務所および弁護士法人第一法律事務所の三事務所共催 国際知的財産権シンポジウム
平成25年4月9日、10日、11日 一般社団法人発明推進協会 米国改正特許法セミナーAIA全面施行後の特許出願戦略と訴訟戦略
平成24年6月8日 日本弁理士会近畿支部 契約業務の実務上の注意点
平成24年4月10日 関西特許研究会 不正競争防止法と著作権法の近年の重要判例の紹介
平成24年2月2日 日本弁理士会近畿支部兵庫地区会 特許法改正と裁判動向を踏まえた侵害紛争の対処法
平成22年11月7日 弁理士クラブ21世紀 不正競争防止法と商標法の裁判例の動向
平成22年7月27日、29日 財団法人経済産業調査会 特許権行使と税関の輸入差止制度~日本、米国(ITC)、韓国(KTC)の実情~
平成22年6月11日 日本弁理士会近畿支部 審決取消訴訟における最近の進歩性判断の傾向
平成22年4月27日 一般社団法人発明協会 著作権法 第7条 第68条 第100条等著作隣接権について
平成22年4月20日 一般社団法人発明協会 不正競争防止法第2条第1項第14号虚偽の事実の告知又は流布
平成22年4月15日 一般社団法人発明協会 不正競争防止法第2条第1項第1号商品等表示

主要著作

『アメリカ改正特許法―日米の弁護士・弁理士による実務的解説―』共著(発明推進協会)
『差止請求モデル文例集』共著 (新日本法規出版)
『Q&A 会社のトラブル解決の手引』共著 (新日本法規出版)
『知的財産契約の理論と実務』共著(商事法務)
『デジタルコンテンツ法 上・下』共著(商事法務)
『「発明」該当性が争われた最近の裁判例について』(企業と発明No.507)
『米国特許権に基づく米国特許権の侵害を積極的に誘導した日本国内の行為に対する差止及び損害賠償請求の許否』
(企業と発明No.443)
『商品主体等混同行為について』(パテントVol.51No.2)
弁護士紹介

事務所所在地

大阪事務所
〒530-0005
大阪市北区中之島2丁目2番7号
中之島セントラルタワー 24階
TEL 06-6227-1951(代表)
FAX 06-6227-1950
MAPを見る
東京事務所
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1丁目7番1号
有楽町電気ビル 南館6階
TEL 03-5252-7022(代表)
FAX 03-5252-7021
MAPを見る

ページの先頭に戻る